口腔外科

口腔内のトラブルに対応します。

顎、舌、頬、粘膜などお口のトラブルは、身体の健康のためにも見過ごすことはできません。外科的な処置の必要な口腔内のトラブルとして、親知らずの治療や抜歯にも対応しております。
患者さまのライフスタイルが症状と密接な関わりを持つこともありますので、お一人おひとりとコミュニケーションを取りながら、より良い改善方法を見つけていきます。

当院で行なう口腔外科

当院では、親知らずの抜歯を行なっています。

親知らずはお手入れが難しく、磨き残しが発生しやすいため虫歯になりやすく、隣の歯を巻き込んだ歯周病を起こすこともあります。親知らずが虫歯になると痛みが発生するだけでなく、手前の歯にまで影響を及ぼします。
親知らずが横向きに生えている場合、前の歯を長期にわたり押し続けるので、歯並びを悪くすることもあります。
そうならないためにも、親知らずの抜歯はとても大切な治療になります。

難症例の場合は、信頼できる専門医(大学病院)をご紹介します。

親知らずは根の形も特殊な場合が多く、下顎では下顎管(神経の通っている管)との距離が重要で、上顎では上顎洞との位置関係が重要です。

レントゲンを撮って診査診断の上、相談させていただきます。 当院では対応できない症例の場合は、当院が信頼している専門医(大学病院)をご紹介していますのでご安心ください。患者様にとってベストな治療を行なうためにも、私たちは専門医連携を大切にしています。

舌、口唇、頬粘膜、歯ぐきにできた、できものや口内炎の初診断を行います。経過観察でいいのか、専門医(大学病院)での精密検査が必要なのかを診断し、必要であれば連携専門医(大学病院)に紹介いたします。