小児矯正の症例

叢生の症例

治療前

治療前

治療完了後

治療完了後
年代 初診時8歳
性別 女の子
主訴 大人の歯が生えてきて、下の前歯が重なっていて気になる
診断結果 叢生
治療期間 約6年(成長のスピードによるので個人差が大きい)
治療費 約100万円

治療内容

咬合誘導

  • 乳歯がある間、成長を利用しながら(成長を利用するので痛みは少ない)、スペースの確保。(外からは見えない装置を使用)
  • 舌のトレーニング
  • 永久歯に生え変わった後、確保したスペースに、外からのワイヤーで歯を整列させる。

治療に関するリスク

  • 適切に治療装置を使えなかったり、舌のトレーニングが十分でないと、治療期間が延びたり、理想的に仕上がらない可能性がある。
  • 装置を付けるので歯磨き、食生活に注意しなければ、虫歯や歯肉炎が起こる可能性がある。
  • 装置を付けた直後、一時的な口内炎(1週間位で収まることがほとんど)
  • 遺伝的、環境的要因で通常の矯正治療だけでコントロール出来ない稀なケースは大学病院での外科処置が必要になる可能性。

症例写真

初診時

初診時

1年6ヶ月経過時(咬合誘導)

1年6ヶ月経過時(咬合誘導)

4年経過時(咬合誘導の完了)

4年経過時(咬合誘導の完了)

6年経過時(歯列矯正)

6年経過時(歯列矯正)

治療完了時

治療完了時

反対咬合+叢生の症例(転居のため途中の症例)

治療前

治療前

最終治療時

最終治療時
年代 9歳
性別 男の子
主訴 前歯が反対(下の歯が前に出てる)。がたがたに歯が重なっている
診断結果 反対咬合、叢生
治療期間 反対咬合は治療開始から約5ヶ月で改善。
叢生改善のスペース確保の期間を含めると約4年
遠方への引っ越しのため途中で中断。引っ越し先で仕上げは相談予定。
治療費 約55万円

治療内容

  • 着脱可能な装置(プレート)を自宅のみで使用
  • その後舌側のワイヤーを使用
  • 舌のトレーニング

完了までに行うこと

外からのワイヤーを付けて歯を整列させる

治療に関するリスク

  • 適切に治療装置を使えなかったり、舌のトレーニングが十分でないと、治療期間が延びたり、理想的に仕上がらない可能性。
  • 装置を付けるので歯磨き、食生活に注意しなければ、虫歯や歯肉炎が起こる可能性。
  • 装置を付けた直後、一時的な口内炎(1週間位で収まることがほとんど)
  • 遺伝的、環境的要因で通常の矯正治療だけでコントロール出来ない稀なケースは大学病院での外科処置が必要になる可能性。

症例写真

初診時

治療開始時(1ヶ月後)

約3ヶ月後

約5ヶ月後

約9ヶ月後

1年9ヶ月後

約4年後(最終治療時)