小児歯科治療

当院の院長は、渋谷区保育園【さくらさくみらい笹塚】の園医です。

保育園の園医として、小さなお子様のお口の健康を守るホームドクターです。お子様のお口のこと、歯のことならお気兼ねなくご相談ください。

小児歯科について

小児歯科

お子様のお口のことは親御さんからすると、心配事のひとつなのではないでしょうか?当院に来られるお子様も、親御さん自身がお口のことで辛い経験があるから、お子様にはそのような思いをさせたくないといってお越しになります。

当院では、親御さんのお悩みを解决しつつ、お子様の将来のことを考えた歯科治療を行なっています。

乳歯が大切だって知っていましたか?

乳歯が大切な3つの理由をお伝えします。

「噛むこと」

よく噛むことによって、成長・発達に必要な栄養が効率良く吸収され、脳の発達にも役立ちます。

「発音」

健康な歯はたくさんの言葉を学ぶ幼児期に、正しく発音する助けになってくれます。

「健全な永久歯列の育成」

乳歯は、後から生えてくる永久歯のスペースをキープし、正しい位置に生え揃うよう誘導します。

このように大切な役割が乳歯にはあります。
【乳歯だから大丈夫】とは思わずに、お子様のためにも乳歯の頃から歯医者に通う習慣をつけましょう!

当院がおこなう小児歯科メニュー

予防歯科

子供の予防歯科

お子様が虫歯や歯周病で困らないよう、徹底した予防治療を行います。

親御さんも仕上げ磨きの方法を覚え、お子様と一緒に予防ができるようにサポートしていきます。ご家庭での食生活の改善を提案させていただくこともあります。同時に、歯医者さんに慣れるようします。万が一治療が必要になったときに、スムーズに治療に移ることができます。

虫歯治療

子供の虫歯治療

乳歯でも虫歯になってしまえば、治療は必要です。
「乳歯は抜けるから」と言って放置しないでください。歯は一度にすべてが生え変わるわけではありません。虫歯になっている乳歯の隣に新しく生えてきた永久歯は、虫歯の乳歯の影響を受けてしまいます。

虫歯で早期に乳歯の抜歯が必要になると、跡継ぎの永久歯が出てくるまで時間がかかることがあります。空いたスペースに後ろの歯が移動してくる→本来その位置に生えるはずの歯が生えるスペースがなくなる→歯並びが悪くなる。

したがって、乳歯の虫歯は無視できない存在なのです。

矯正治療(咬合誘導)

子供の矯正歯科

成長期は、歯が生え変わり、顎も成長するため、歯並びや噛み合わせが絶えず変化しています。

しかし、顎の大きさや、舌と頬粘膜のバランスが悪かったりなどをはじめとするさまざまな要因で、永久歯が並ぶスペースが不足して歯がでこぼこに並んでしまったり、出っ歯、受け口などの歯並びのトラブルが起きてしまいます。

適切なタイミングで矯正治療を行うことで、骨格的な異常を軽減できたり、永久歯を抜くことなく矯正治療ができたり、治療による痛みを軽減できるなど、多くのメリットがあります。

小児矯正歯科

お子様に合わせたステップアップ治療をご提案しています。

当院では、緊急処置が必要ではない限り、嫌がるお子さまを強引に治療することはいたしません。お子さまのタイプや個性に合わせて、まずは治療を始める前に、クリニックの環境に慣れてもらうことから始めます。そのため、通院回数が増えることもあります。

できる限りお子さまにリラックスしてもらい、歯科医師との信頼関係を築ける治療を目指しています。

お子様のお口のことで悩んだらご連絡ください。

お子様のお口のことは、自分のことのように心配ですよね。
そのままにするよりも、しっかりと状態を把握することで親御さんもお子様も安心できると思います。お悩みがあれば、まずは当院へご連絡ください。